• TOP
  • お知らせ
  • 「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の違い

お知らせ

2021/08/26 [患者様へお知らせ]

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の違い

スポーツ外傷・スポーツ障害

運動やスポーツによる怪我や身体の痛み。
似たような症状でも、「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」に分けられることご存知でしたか?


「スポーツ外傷」とは、足の捻挫や肩の脱臼、肉離れなど1回の衝撃で起こるものです。テーピングなどの治療で時間が経つに連れ痛みもとれることが多いです。

「スポーツ障害」は、疲労の蓄積や体力などが原因で起こります。骨や関節、腱が徐々に痛み出すので、はっきりとした原因がわからず治療が長期化してしまうことがあります。

短期的に治るスポーツ外傷だったにも関わらず、すぐに治療や処置をしなかったために、スポーツ障害につながってしまうこともあります。少しでも違和感がある場合は早めに接骨院や整形外科へご相談ください。


中川接骨院では、スポーツ外傷、スポーツ障害の症状を見分け、適切な治療をいたします。お気軽にご相談ください。


スポーツ外傷・障害について