お知らせ

2022/01/26 [患者様へお知らせ]

交通事故にあったら現場ですること5選

info_jiko.jpg
急に交通事故にあうとパニックになり、現場で何をしたら良いかわからなくなる方も多いのでは。交通事故にあった場合やっておくべきこと5選を紹介します。


・相手の免許証、名前、連絡先を教えてもらう。
・警察に電話をして、事故状況、場所、名前を告げ現場検証をしてもらう。
(ケガをしていた場合救急車も)
・証言をしてくれる目撃者の連絡先を聞く。
・相手が任意保険に加入しているか否かを確認する。
・事故現場をスマホなどで写真を撮ってから、交通の妨げになる場合は車両を移動する。


警察の現場検証や事情聴取が終わり、少し落ち着いた時に
身体に違和感や痛みがある場合は、早めに病院や接骨院を受診してください。
事故直後は緊張や興奮であまり痛みを感じない方もいらっしゃいます。放置しておいたために後遺症が長引いてしまう場合もありますので早めの治療が大切です。


相手が任意保険に入っていた場合、中川接骨院での交通事故の治療費は全額保険会社へ請求いたします。
当て逃げ、ひき逃げなど相手がわからない場合は、国の補償制度を使うことができるのでご相談ください。

交通事故にあったら